Windows 10で従来のSkype デスクトップ版の利用方法!

 今回は、従来のSkypeデスクトップ版のダウンロード・インストール方法について書いていきたいと思います。

 最近、友人が新しくPCを購入し、Skypeをインストールして欲しいと要望があったのでインストールしようと思ったのですが、Windows 8.1以降だとUWP(ユニバーサル Windows プラットフォームアプリ)がデフォルトでインストールされているようです。

 しかし、それらは従来のものと比べて利便性が低いと筆者的に思っており、従来のデスクトップ版をインストールしたいと思いました。

2018/07/22追記:
 最近になって、以下の表示が出るようになりました。

 このような表示が出ているということは、どちらにしろ近い未来、8.25.05以上のバージョンにアップデートしなければならないと思うので、今のうちにアップデートし、慣れておくのが得策でしょう。

 従来のSkypeデスクトップ版(Skype classic, バージョン7)のサポートは9月1日に打ち切られる予定でしたが、当面継続に変更されたのでこれから先も使用できるようです。

 しかし、サポート期間が延長されただけで半永久的に使用できるかと言ったらそうではないので、これからのSkypeバージョン8に慣れていくしかないでしょう。

 Skypeバージョン8は様々な新機能も追加されているようなのでそちらも要チェックです。


2018/08/30追記:
 赤色の表示になりましたが、そのまま使い続けることができるようなので当面はそのままでも問題ないでしょう。

Skypeデスクトップ版 インストーラダウンロード方法

 Skypeのページへ行き、ダウンロードページ(https://www.skype.com/ja/get-skype/)を見ると以下のようになっています。

 筆者は、デスクトップ版が欲しいので「デスクトップ」タブから「ストアからSkypeをダウンロード」と操作したのですが、これではMicrosoft Store(主にUWPのアプリが提供されている場所) が開いてしまい、従来のSkypeデスクトップ版ではありません

 ではどうすれば従来のSkypeデスクトップ版のインストーラがダウンロードできるのかというと、ここの画面で「ストアからSkypeをダウンロード」の右側の三角をクリックします。

 そこに「Skype for Windows をダウンロード」というボタンがあり、ここからインストーラーがダウンロード可能です。

 追記:
 以前の方法では従来のSkypeのダウンロードが不可になってしまったので、以下の直リンクから従来のSkypeをダウンロードしてください。
 直リンク:https://get.skype.com/go/getskype-windows

 そして、インストーラーを実行→オプションの選択(Bingの設定など(筆者が思うに不要かと思います))→インストール という形で従来のSkypeデスクトップ版がインストールできました!

Skypeデスクトップ版とUWP版について

 では何が違うのかというと、例えるとすれば、従来のWindowsの設定を弄る「コントロールパネル」が、Windows 10では「設定」というメニューになってしまったように、非常にわかりずらい ということが挙げられます。

 ウィンドウは以下のようになっています。

デスクトップ版UWP版

 デスクトップ版は、普段から見慣れたウィンドウで、メニューバーもついており、設定画面も非常にわかりやすいです。

 UWP版は、フラットなデザインとなっており、設定画面がWindows 10の「設定」のように、PCユーザーからすると煩わしく、Windows 8.1より追加されたタブレットなどに操作が最適化されたデザインになっています。

 これらから何が分かるかというと、デスクトップ版はPCに特化している / UWP版は様々なプラットフォームに対応している ということが分かります。

 それゆえに、昔からのPCユーザーはデスクトップ版が非常に使いやすいです。

 もし、タブレットPCや2in1 ノートPCなど、タッチパネルに対応している、タブレットに近い使い方をする方はUWP版が使いやすいかと思います。

 UWP版は、通知が画面右側より出てくる仕様で、タッチパネルに対応していれば画面の右端から左へフリックすることで見ることができるので、(PC版ならWIN+Aで見ることができます)よりタブレットなどに最適化されていることが分かります。

 以上のことなどを参考に、自分のデバイスに合った種類を選ぶと良いと思います!

2018/01/07追記:
 既にSkypeがインストール済みのPCは、以下の方法を実行する場合どちらか一方をアンインストールしておくと良いでしょう。

 もし両方のSkypeを共存させる場合は以下

  • Windows10,8.1: タスクマネージャーのスタートアップタブより、どちらか一方不要な方の自動起動を”無効
  • Windows7: [Win]+[R]を押して”msconfig”と入力、スタートアップタブより、どちらか一方不要な方の自動起動を”無効

を設定しておくと良いと思います。

また、以下のウィンドウが起動時に表示されることがありますが、「後で」を選択することで従来のSkypeを使用し続けることができます。

まとめ

  • Skypeのダウンロードページより「タブレット」タブを選択するとデスクトップ版のダウンロードが可能!
  • デスクトップ版はPCに特化している!
  • UWP版はタブレットに特化している!
  • 自分のデバイスに合ったものを選ぶと良い!

 以上、「Windows 10で従来のSkype デスクトップ版の利用方法!」 でした!

 Windows 10になって、Skypeを使おうとしたけど使いにくくなった! と感じた方が居たのではないでしょうか。

 今回はそれを従来のSkypeに戻す方法をご紹介しました!

 困っていた方の助けになれば幸いです。

 その他不明な点などあればコメント又はお問い合わせよりご連絡ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. エデン より:

    適当な検索では、このサイトのリンクのようなクラシックバージョンのスカイプをダウンロードするところは無かったので、クラシックバージョンのスカイプがダウンロードでき、本当に感謝です!