NVIDIA Spectre対策ドライバをリリース!

 NVIDIAがドライバ”Release 390″の最新版v390.65を公開し、このドライバによりSpectreの問題は改善された模様です。

ドライバのインストール更新

 以下のPCに合ったいずれかのリンク

 または、GeForce Experienceの”ドライバ”より更新が可能です。

v390.65でのパフォーマンス

 海外のPC系情報サイト”TechPowerUp”にて、v390.65(最新バージョン)v388.71(以前のバージョン)で比較した様々なベンチマークの結果が掲載されています。

 上の結果を見るに、最新バージョンのドライバ(v390.65)を入れても平均的にパフォーマンスが低下することなく、僅かではあるものの上昇しているのでパフォーマンスに影響は無いといって良いでしょう。

 よって、可能であれば最新バージョンのドライバ(v390.65)はインストールするようにしましょう

 今回のドライバは、悪影響が無く、脆弱性を潰すことができるというセキュリティアップデートがメインだと思うのでセキュリティ対策のために早急に更新することをおすすめします。

まとめ

  • Spectreの問題を改善したドライバv390.65をリリース!
  • NVIDIAのドライバダウンロードページまたはGeForce Experienceの”ドライバ”より更新が可能!
  • パフォーマンス低下もあまり見られなく、セキュリティが向上するため可能な限りインストール!

 NVIDIAのドライバは早い対応でしたが、IntelやAMDのドライバは未だ更新されていません。

 IntelやAMDの対策ドライバも、もう少しすれば公開されるかと思うのでPCやスマホユーザーの方は更新情報に注目です。

 脆弱性が一刻も早く潰れると良いですね。

 その他不明な点などあればコメント又はお問い合わせよりご連絡ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク