【最新情報】Windows 10 April 2018 Updateでの大きな変更一覧 バージョン 1803 まとめ


2018年4月30日に無料ダウンロードで配信を開始!

 Windows 10の次期大型アップデート(バージョン 1803)がApril 2018 Updateに決まり、以前の大型アップデートであるFall Creators Updateからどのような部分が変わったのかということを一覧にまとめていきます。

 細かな変更点を書くときりがないので、普段Windows 10を使用して気が付くようなものや大きな変更点などを主にピックアップしていきます。

デスクトップのデザイン(Windows Shell)

  • ブラーエフェクト ・・・ 一部の透過UIのブラーがより滑らかになりました。スタートメニューやアクションセンター等で主に見られます。
  • タスクバー ・・・ 以前は透過していましたが、ブラー(Acrylic blur)がかかるようになりました。
  • スタートメニュー ・・・ タイルアニメーションやクリック時のエフェクト等、細かいデザインの変更が見られました。ハンバーガーメニュー(三本線のメニュー)にドキュメントとピクチャが追加されました。
  • アクションセンター ・・・ 以前のブラーよりも滑らかなブラーがかかり、メニューの大きさや配置が変更されました。
  • タスクビュー ・・・ アイコンが変更され、仮想デスクトップのUIが上部に移動しました。
  • タイムライン(Windows Timeline) ・・・ タスクビュー表示時にタイムラインが表示されるようになりました。タイムラインには過去30日まで遡ることが可能です。「開く」「削除」「今日からすべてクリア」のメニューが利用可能です。

 全体的にUIにブラーがかかるなど、デザインが変更されていました。

 スタートメニューやタスクビューは今までより機能が強化され、利便性が向上したと言えるでしょう。

 今までのデザインに少し加わった程度で、正直あまり変わらないので、Windows 10を普段から使用している方は困らずに使用できると思います。

– スクリーンショット –

コルタナ(Cortana)

  • ファイル共有 ・・・ Bluetooth経由でWindows 10使用者とファイルを共有することができます。
  • コルタナのスキルの管理 ・・・ コルタナ経由で使用する情報の設定ができます。

 コルタナはデザインの変更、機能の追加がありました。

 以前の機能は別のメニューからアクセス可能になりました。

 今回のアップデートで一番便利になると思うのがファイル共有ですね。

 ノートPCなどで外出時に使用する方は非常に実用的な機能となりそうです。

– スクリーンショット –

設定関連

  • デザインの変更 ・・・ 全体的にスッキリとした分かりやすいデザインになりました。左側のメニューが透過UIになりました。
  • 各種設定の追加 ・・・ タイムラインの設定、オーディオ設定、スタートアップ設定など。
  • ホームグループの削除 ・・・ ホームグループの設定項目が削除されました。
  • コントロールパネルの項目が移動 ・・・ コントロールパネルの項目の一部(サウンド、フォントなど)が設定アプリへ移動しました。
  • Windows Updateの帯域制限 ・・・ Windows Updateで使用するインターネットの帯域制限が可能になりました。

 設定アプリはデザインが少し変わり、”デスクトップのデザイン”で紹介していたブラーのかかったUIと同様のものが一部適用されています。

 また、アップデートで追加されたタイムラインの設定も追加されています。

 まだコントロールパネルは使用できるので、新しい設定アプリに慣れないという方は従来のコントロールパネルを使用すると良いでしょう。

 Windows Updateの設定項目はバージョンを重ねるごとに増えていっているので、確認してみると良いでしょう。

– スクリーンショット –

Windows Defender Application Guard (WDAG)

  • ホストへのファイルコピー ・・・ 今まではファイルのダウンロード等が不可能でしたが、可能になりました。
  • パフォーマンスの改善 ・・・ 前よりもパフォーマンスが改善され、サクサク動作するようになったようです。

 Fall Creators Updateから利用可能だったWDAGがさらに強化されました。

 この機能は主にEdgeを立ち上げる際に、Hyper-Vを利用し隔離されたアプリケーションとして実行することで、ウイルスや悪意のあるソフトウェアなどによる攻撃をEdgeを実行しているコンピュータ自体に影響を与えないようにします。

 確かにこの機能はウイルス対策等の方面では有効なのですが、利便性に欠けるというところが大きなネックになっていました。

 利便性に欠けるというのは、今では当たり前のようにやっている画像のダウンロードやその他ファイルのダウンロードなどが一切出来ないということで、他のブラウザと比較すると非常に大きな短所となっていたからです。

 それが今回のApril 2018 Updateで改善されました。
(グループポリシー設定が必要)

 その他パフォーマンスの改善もなされたようなので、April 2018 Updateによりさらに利用しやすくなったと言えるでしょう。

 WDAGは今のところ、以前と変わらずEnterprise Editionのみで使用可能となるようです。

WSL(Windows Subsystem for Linux)

  • 新しいディストリビューション ・・・ Kali LinuxやDebianといった有名なLinuxディストリビューションがMicrosoftストアに追加されます。
  • WSL起動時処理 ・・・ WSL起動時に/etc/wsl.confを処理するようになり、より詳細な設定ができます。
  • バックグラウンドタスク ・・・ コンソールウィンドウを閉じてもバックグラウンドで実行可能になりました。
  • パスの相互やり取り ・・・ WindowsとWSL間でパスの相互やり取りがwslpath環境変数により可能となりました。
  • ファイルシステムの大幅な改善 ・・・ パーミッションやマウントオプション、FIFO, UNIXソケット, デバイスファイルのサポート、大文字と小文字の区別改善。
  • VS Code ・・・ WSL上で動作するLinuxのNodeJSプロジェクトのデバッグが可能となりました。[詳細] Running Node.js on WSL from Visual Studio Code (Microsoftページ)
  • UNIXソケット ・・・ UNIXソケットがサポートされるようになり、WindowsとWSL間で通信が可能になりました。

 WSLは主に開発者向けの機能で、開発者の方はWindowsと限定されている環境で開発するには打って付けの機能(簡易的なテスト環境構築など)となります。

 LinuxからWindowsのファイルへアクセス可能なので、上手い使い方を見つけるのも面白いかもしれませんね。

 LinuxディストリビューションをWSLで実行できるアプリケーションパッケージに変換するソフトウェアWSL-DistroLauncher」が現在公開されているので気になっている方は試してみると良いでしょう。

– スクリーンショット –

Hyper-V

  • 拡張セッションモード ・・・ RDPプロトコル経由により、Windowsの操作と同様にLinuxを操作できるようになりました。マウス操作、ウィンドウサイズ変更、クリップボードの統合、ドライブのリダイレクト等。
  • Quick Create ・・・ 設定に多く時間を割かず、少しの設定で簡単に仮想マシンが作成できるようになりました。

 今までHyper-Vを使用していたという方は、今回のアップデートによりさらに使いやすくなると思います。

 特にクリップボードの統合やドライブのリダイレクトは非常に使える機能で、以前より大幅に使いやすくなることが予想されます。

 Quick Createは頻繁に様々な仮想マシンを作成する方にとって非常に良い機能となりそうです。

– スクリーンショット –

コマンドラインツール(CLIツール)

  • OpenSSH ・・・ OpenSSHクライアントとキーエージェントがデフォルトで有効になりました。OpenSSHサーバはオプションで必要に応じて使用可能です。
  • Tar/Curl ・・・ tarコマンドとcurlコマンドがデフォルトで使用可能になりました。

UWPコンソールアプリケーション


まとめ

  • 筆者が思う今回のアップデートの目玉はタイムライン機能!
  • UIデザインが多少変わり、綺麗になった!
  • ファイル共有機能が追加され、主にノートPC利用時に重宝するかも!
  • 以前より設定アプリが使いやすくなった!
  • WDAGの機能が強化され、使いやすくなった!

 今回のアップデートでは多くの変更点がありますが、タイムライン機能とファイル共有機能、WSL等が筆者的には一番大きいのではないかと思います。

 長時間使用してみて上手い使い方を見つけるのが良いと思います。

 Windows Insider Programに参加している方は是非試してみると良いでしょう。

 参加していないという方は、April 2018 Updateが配信されるまで待つか、今からでもWindows Insider Programにしてみると良いでしょう。

 その他不明な点などあればコメント又はお問い合わせよりご連絡ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク